ポジション紹介④

⑤OL(オフェンシブライン)

オフェンス最後の紹介はアメフトの象徴的ポジションであり、勝利の鍵を握る最重要ポジションであるOLです!!

スクリメージライン(詳しくは後日ルールで紹介しますが、簡単に言うとだいたいセットでボウルがある付近の仮想ライン)上にセットする5人の選手の事を言います。

真ん中でボウルをスナップするセンター(C)、センターの両側にセットするガード(G)、ライトガード(RG)とレフトガード(LG)の2人、ガードの両側にセットするタックル(T)、ライトタックル(RT)、レフトタックル(LT)の2人。基本的にはこの5名を総称してオフェンシブライン、ラインメンと呼びます。

ルール上はスナップ以外ではアメフト選手でありながらボウルを扱うことを許されない無資格プレイヤーに位置付けられており、もっぱらバックスの仕事を助けるブロックを徹底的にこなすポジションです。

アメフトではこのOLの強さが作戦を遂行するために最も重要な力になると言っても過言ではありません。ランプレイの時はRBが走るルートをこじ開けて、1ヤード、1インチでも安全にRBを走らせる必要があり、パスプレイではQBがパスターゲットを1秒でも長く探すための時間、WRがディフェンスを交わしパスルートを駆け上がる時間を稼ぐ必要があります。

そのため、OLはただただパワー勝負をするだけでなく、アサイメント(作戦)一つ一つに細かく決められた動きを緻密にこなす優れた作戦遂行能力を備えた知的なポジションとも言えます。

すなわちバックス陣が仕事をするためにはOL無くしては仕事ができないと言う事になります。OLの強さこそ得点力の強さと言っても良いかもしれません。

また、司令塔であるQBを護るというポジションでもあるので、その存在は縁の下の力持ち、チームの守護神そのものです!!

富士通Frontiers

立命館大学PANTHERS

オービックシーガルズ

パナソニックインパルス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA