ポジション紹介③

④TE(タイトエンド)

一つの事を徹底的にこなす職人の集まりであるスポーツのアメフト。

そのアメフトの中で唯一と言って良いほど多彩なプレイをこなさないといけない異色で重要なポジションがタイトエンドです!!

セット位置はOL(オフェンシブライン)のタックルのさらに外側。

基本的にはラインメンの一人としてRBやWRのプレイを補佐するブロッキング、ショートレンジやミドルレンジのパスを捕りヤードを進めるボウルキャリアとしてプレイします。

ブロッキングを担当することからも体格、パワーは当然ながら、パスを捕るスキル、スピードも兼ね備えた器用で運動能力の高い選手が受け持ちます!!

優秀なタイトエンドがいればRB、WRが活きるだけでなく、TE自らヤードを進められるため敵を撹乱するプレイにも多様性ができます。ランプレイでは長い4・5ヤードでファーストダウンなどのシチュエーションでは優秀なタイトエンドの活躍で選択肢を広げ、RB、WR、TEの何れかがファーストダウンを獲得できる場面も少なくありません。

もちろん同じような残りヤードからのタッチダウンも狙える貴重なポジションと言えます!!

攻撃オプションを増やし、攻撃の多様化には欠かせないポジションと言えます。

IBM BigBlue 40 Stanton John 選手

関西大学KAISERS 89 松尾選手

龍谷大学SEAHORSE 44 松尾選手

富士通FRONTIERS 87 水野選手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA